排泄介護に関する悩み

7月 10, 2016 at 5:06 午前 • Posted in • No comments yet

介護業界で働いた場合、高齢者の生活を全面的に補助する事が仕事になります。そうした世界に飛び込んだ人がよく口にする仕事の悩みと言えば、排泄の問題が挙げられます。オムツの取り替えが苦手な人からすれば避けたい介護ですし、認知症の患者さんの中には排泄物をきちんと処理できずバラ撒いてしまう方が存在しているのです。こうした仕事の悩みを避けたい場合、多くの入居者をお世話する事になる老人ホームではなく、特定個人の家に派遣される介護職に就職しましょう。後者であれば、ある程度介護士が仕事の内容をコントロールする事ができます。排泄のお世話を避けたい場合は、身体に不自由を抱えている方のお宅を避けて介護の仕事を探すと良いでしょう。また、認知機能の低下にも度合いがありますから、適切な形で排泄できる高齢者のお宅に訪問すればいいのです。

他にも介護業界でよくある仕事悩みと言えば、お風呂の補助が挙げられます。体に不調を抱えている高齢者を入浴させる場合、介護士にとっても重労働であると同時に、同性の入浴補助でなければ精神的に衝撃を受ける方もいるのです。中にはそうした仕事をセクハラと感じてしまう介護士も存在しているでしょう。そのような問題を避けたい場合、入浴補助を同性の間でだけさせてくれる就職先を選びましょう。また重労働によって身体を壊さないように、腰にはコルセットを巻くなど自らに対しての配慮も欠かせません。先輩がいる場合、負担の少ない入浴方法を学ぶと良いでしょう。